Top >  日本酒とは >  日本酒とは?

日本酒とは?

多種多様な種類がある日本酒は、中高年世代の人たちを中心にかなりの人気を集めているようです。
しかしながら、日本酒の特色や種類について詳しく知っている人は、それほど多くないと思います。
「お酒」と呼ばれている飲み物というのは、酒税法の第二条第一項で定められていて、アルコール分が1度以上の飲み物とされています。
酒というものは、醸造酒(ビールやワインなど)、蒸留酒(焼酎や泡盛など)、混成酒(リキュールやみりんなど)の3つに分類されます。
この中の醸造酒に含まれているのが、日本酒なのです。
また、日本酒の原料は、必ず「米」が使われます。
日本酒を作り上げるためには「こす」という作業工程が重要なのですが、この作業についても酒税法の第3条第7号によって明確に規定されています。
また、日本酒の80%を占める成分である水は、品質を左右する大きな要因となります。
水源のほとんどは、伏流水や地下水などの井戸水です。
条件が良い所では、これらを水源とする水道水が使われることもありますが、醸造所によって専用の水源を確保することが多いようです。

トップページ  |  次の記事 日本酒の特徴  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5841

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。