Top >  日本酒とは >  日本酒の特徴

日本酒の特徴

世界中の酒の中でも、珍しい特徴が日本酒にはあるのです。
それは「温めても美味しく、冷やしても美味しい」ということです。
したがって、飲むのに適した温度というのも、5℃から55℃までと他の酒とは比較にならないほど広範囲になっています。
日本特有の気候や風土から誕生した日本酒は、冬から春、そして夏から秋へと移り変わっていく季節の移ろいの中で育まれていくのです。
自然の豊かさに恵まれた日本ならではの酒であり、日本人の知恵によって裏打ちされているとも言えるでしょう。
残念ながら、日本人自体の消費量が減少している昨今ですが、アメリカやフランスを中心とした海外において日本酒、とりわけ吟醸酒の人気が高まってきているようです。
20歳を過ぎている人で、まだ日本酒を味わったことが無いという人は、是非、一度飲んでみるべきです。
きっと、日本人に生まれたことに喜びを感じられると思います。

 <  前の記事 日本酒とは?  |  トップページ  |  次の記事 世界中で認められた「長流」  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5842

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。