Top >  日本酒とは >  日本酒度について

日本酒度について

最近では、日本酒ファンが結構増えてきているようですが、日本酒に表記されている「日本酒度」や「酸度」について正しく理解している人はそれほどいないのではないでしょうか。
ただし、「日本酒度」や「酸度」というものは「味」に関しての基準ですから、実際に感じられる「味」とは若干異なってきます。
日本酒に含まれている成分によって「味」が変わってきますから、「日本酒度」や「酸度」だけで「味」を判断することは難しいようです。
しかしながら「味」の目安を把握しておくことは、とても大切なことだと思います。
まず、日本酒には甘口のものや、辛口のものがありますが、それを判定するための尺度を「日本酒度」と言います。
実際には、日本酒度計を酒に浮かべて測定されます。
摂氏4℃の水の重さが基準になっていて、基準より重ければマイナス、軽ければプラスの判定が下されます。
糖分をたくさん含む甘口の日本酒ほど、マイナスの値が大きくなりますし、逆に辛口の日本酒はプラスの値を示します。

 <  前の記事 釧路の海底で貯蔵されている日本酒  |  トップページ  |  次の記事 日本酒の味を引き締めるもの  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5855

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。