Top >  日本酒とは >  日本酒の味を引き締めるもの

日本酒の味を引き締めるもの

日本酒には「味」の目安となる「日本酒度」と「酸度」が表示されています。
もちろん、「日本酒度」と「酸度」だけで「味」を判断するわけにはいきませんが、基準を理解しておくことは大切だと思います。
ここでは、「酸度」の説明をします。
日本酒を製造していく工程において、米・麹・酵母といったものから発生する乳酸、コハク酸、クエン酸、リンゴ酸などの酸の質量を測定したものが「酸度」ということになります。
ただし、酸の分量が多いからといっても、すっぱいということではありません。
酸の量が不足している場合には、日本酒の味そのものにキレやハリ、コクといったものが感じられなくて、たよりない味に仕上がってしまうそうですから、酸は味を引き締めるために重要な役割を果たしているようです。
また、日本酒度の数値だけでは、日本酒の美味しさを見抜くことが難しいようですから、酸度の値も確かめる必要があります。

 <  前の記事 日本酒度について  |  トップページ  |  次の記事 日本酒の賞味期限について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5856

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。