Top >  日本酒とは >  日本酒の賞味期限について

日本酒の賞味期限について

日本酒には必ず、製造年月日が表記されているようですが、賞味期限が表記されているのを見たことがありません。
本当に大丈夫なのだろうか・・・と、不安に感じたりもするのですが・・・。
そもそも、日本酒には賞味期限という概念がないのです。
飲んでみて身体に害を及ぼしてしまうかどうかという観点からすると、未開封であれば100年経過しても飲めない日本酒はないということです。
生酒の場合には再び発酵してしまい酢になってしまうことはありますが、身体に悪影響をもたらすことは有り得ません。
いくら健康上の問題は無いといっても、美味しくなければどうしようもありません。
ただし、長期間に渡って美味しく飲むことができるかどうか・・・ということに関しては、その日本酒を作った蔵元の考え方に大きく左右されますし、製造過程における酒の処理方法によっても異なってくるようです。

 <  前の記事 日本酒の味を引き締めるもの  |  トップページ  |  次の記事 日本酒を保管する時  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5857

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。