Top >  日本酒とは >  日本酒を保管する時

日本酒を保管する時

日本酒というものは、どのような状態までを熟成と呼び、どの時点から劣化していると捉えるのか・・・という判断基準は非常に曖昧であって、難しいということなのです。
蔵元が考えている賞味期限というものは、日本酒の味わいの範囲内から逸脱しない期間ということになります。
個人的な好みにも左右されるものですから、その人が美味しいと感じたらそれに問題はありませんよね。
日本酒の熟成は、温度によってかなり大きく左右されます。
例えば、熱処理された日本酒を5℃程度の温度で保存していた場合には、1年後であっても美味しい状態がキープされていますが、30℃以上にもなるような高温の部屋であれば、1か月置いておくだけでも、2~3か月程度の熟成が進行することになります。
ですから、日本酒を保管する時には、直射日光を避け、低温の状態が維持できるような場所を選ぶべきでしょう。

 <  前の記事 日本酒の賞味期限について  |  トップページ  |  次の記事 梅干し入り日本酒化粧水  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5858

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。