Top >  日本酒とは >  「吟醸酒」と「大吟醸酒」の特徴

「吟醸酒」と「大吟醸酒」の特徴

日本酒にはさまざまな種類がありますが、ここでは「吟醸酒」と「大吟醸酒」の特徴について、お話しさせていただきます。
●吟醸酒
精米歩合60%以下の白米を低温でじっくりと発酵させて吟醸造りにしたものです。
白米・米麹・水、もしくは醸造アルコールが原料となります。
なお、白米・米麹・水だけで製造されたものは「純米吟醸酒(吟醸純米酒)」と呼ばれます。
フルーティーな香りが特徴的で、淡麗な味わいに仕上がっています。
●大吟醸酒
吟醸酒の中でも、精米歩合50%以下の白米で製造されたものです。
もともとは、品評会に出品するためだけに醸造されていたそうで、単独で市場に出回ることがありませんでしたから、幻の酒とも呼ばれていました。
現在では、たくさんの所で入手することができるようになっています。
吟醸の香りが高い「大吟醸酒」は、繊細な味わいで、日本酒の芸術品とも称されています。

 <  前の記事 ビタミンE入り日本酒&酢ローション  |  トップページ  |  次の記事 日本酒のいろいろな種類  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5861

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。