Top >  日本酒とは >  日本酒のいろいろな種類

日本酒のいろいろな種類

一口に日本酒と言っても、いろいろな種類があります。
それぞれ味わいも違いますし、それなりの特徴があります。
ここでは、日本酒の種類についてご紹介させていただきます。
●純米酒
精米歩合70%以下の白米・米麹と水だけで醸造されていて、米そのものの旨みを生かした味わいが特徴的です。
●本醸造酒
精米歩合70%以下の白米・米麹・水・醸造アルコールで醸造されています。
醸造アルコールを少し加えることによって、スッキリとした味わいに仕上がっています。
●普通酒
白米・米こうじ・醸造アルコール等によって造られています。
最もたくさんの人たちに飲まれている日本酒です。
●生酒
醸造後、熱処理を全く加えませんから、酵母や酵素が生きたままの状態になっています。
華やかな香りが楽しめて、しぼりたての新鮮な味わいが特徴的です。
●生貯蔵酒
醸造後には一切熱処理を加えずに貯蔵します。
出荷する際の瓶詰めの時点で熱処理が施されます。

 <  前の記事 「吟醸酒」と「大吟醸酒」の特徴  |  トップページ  |  次の記事 日本酒ぎらいを克服できる日本酒  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5862

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。