Top >  日本酒の種類 >  北海道の銘酒の価格

北海道の銘酒の価格

ここでは、北海道の地酒について価格を比較検討してみましょう。
まず、旭川で製造されている「男山」は、長い歴史に支えられている伝統の銘酒です。
約300年もの昔に伊丹で貯蔵が始まったとされる「男山」は、江戸時代から古今随一の名酒として、歴史上でも有数の人々からの絶賛を受け、現在にまで伝わっている日本酒です。
価格に関しては、220円から高いものになると4万円の値が付いています。
続いて「国士無双」という日本酒も旭川で製造されています。
酒袋をアイスドームの中に吊るし、その酒袋から滴り落ちるしずくを集めて作られるという、日本でたった一つの大吟醸酒です。
冬の季節の間は、大雪山麓の美瑛の丘の雪の中でじっくりと眠らせ、春を迎えた時点で雪の中から掘り起こされる貯蔵酒などもあって、北海道特有の大自然の厳しさと温かみを出来る限り利用して「美味しい酒」を作り出しています。
比較的手頃な価格になっていて、200円から高くても1万円までで購入することができます。

 <  前の記事 「日本のコニャック」  |  トップページ  |  次の記事 北海道旅行のお土産には地酒を  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5851

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。