Top >  日本酒の種類 >  菊姫の歴史

菊姫の歴史

昭和42年、全国新酒鑑評会の初出品から23年間連続して受賞している石川県の菊姫は、酒造に関してハイレベルな技術を誇っており、吟醸酒・純米酒といった高級酒を中心に製造・販売して業績を伸ばしています。
昭和43年には、原料をはじめとする製造工程の全体を品評会レベルにまで高めることに成功し、飲んで美味しいと感じさせる吟醸酒「大吟醸」を発表しています。
昭和53年には、山廃酒母を使い、米の旨みを最大限に引き出した個性的な純米酒として「山廃仕込純米酒」を日本で最初に発売することになりました。
しかしながら、この醸造方法は酒母の育成に手間がかかってしまい、酒質が濃厚で飲み応えのある味になってしまうということから、主流である淡麗系の清酒とは正反対のタイプであって、それほど売れるものではないだろうと考えられていました。
ところが、個性的な日本酒を望む声が大きくなって、菊姫ではこの商品を復活させることになり、現在でもたくさんの人々から支持を受けています。

 <  前の記事 石川県の銘酒  |  トップページ  |  次の記事 石本酒造の信念  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5866

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。