Top >  日本酒の種類 >  「呉春」と「秋鹿」

「呉春」と「秋鹿」

冷酒や温酒だけでなくて常温でも美味しいと言われ、かなりの人気を誇っている「呉春」という日本酒を紹介します。
名前の由来を辿ってみると、「呉春」の「呉」は、大阪府池田市の古い雅称である「呉服の里」から取ったもので、「春」は中国唐代の通語で“酒”を意味しています。
特定のお店でしか入手することが出来ない、希少価値の高い地酒ですから、もし見かけることがあったならば即座に買っておくことをお勧めします。
続いて、「秋鹿」というお酒を紹介します。
これは、現在の日本酒ランキングでも1位になるほど、ものすごい人気を誇る銘柄です。
秋鹿の純米酒・山田錦を直汲みするとガスが含まれていますから、シュワシュワとした感触を味わうことができるのです。
このスパークリングな感覚が病みつきになってしまって、購入する人もたくさんおられるそうです。
米の旨みを酸が包み込んで、キレの良い喉越しに爽快感をもたらしてくれる日本酒です。

 <  前の記事 世界中で認められた「長流」  |  トップページ  |  次の記事 通信販売の日本酒ショップ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5844

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。