Top >  日本酒の種類 >  「蒼星美酒」の特徴

「蒼星美酒」の特徴

忍者も満足したと言われている「蒼星美酒」という日本酒は「甘口旨口特別純米酒」で、日本酒度マイナス15の甘口仕上げになっています。
熟れた梨やウリ、もしくはアンズやビワのような果物を感じさせる甘さが、すごいインパクトを与えてくれます。
しかしながら、ナッツのような香ばしい香りが後で口中に広がりますから、甘みのしつこさは全く感じません。
甘口の日本酒なのですが、キリット締まった後味に仕上がっていますから、ものすごく飲みやすくて美味しい逸品です。
フルーティーな爽やかさを感じさせて、旨みを含んでいる甘みというものは、酸度に影響されているようです。
一般的に1%台の酸度を示しているものが多い中にあって、「蒼星美酒」の酸度は2%を超えています。
これだけの酸味があるからこそ、甘口であっても全体の味わいが引き締まったものになるのでしょうね。

 <  前の記事 日本酒を使ったスイーツ  |  トップページ  |  次の記事 甘口の日本酒  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5875

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。