Top >  日本酒の種類 >  久保田の碧寿と翠寿

久保田の碧寿と翠寿

●久保田「山廃純米大吟醸」碧寿
「山廃仕込み」の純米大吟醸。
飾り気のない軽やかな旨みとサッパリとした飲み口が特徴です。
日本酒度は2、酸度は1.2、アルコール度数は15度以上16度未満です。
微かな芳香が感じられるだけですが、口に含めば、山廃らしさが広がり、まろやかでオイリーな口当たりです。
萬寿と同じようにとても飲みやすく仕上がっています。
●久保田「大吟醸」翠寿
低温発酵させて醸した吟醸生酒。
とりわけ女性に大人気です。
季節限定の商品で4~9月にしか販売されません。
日本酒度は3、酸度が1.1、アルコール度数は14度以上15度未満です。
心地よい芳香の中に、どことなく柔らかな穀物感も併せ持っています。
口に含んだ時には、スッキリして新鮮な辛口の味わいと、栗のようなオイリーさを伴うまろやかな味わいも感じられます。
全体としての風味は、爽快感をもたらせるイメージを強く感じさせます。

 <  前の記事 銘酒「久保田」の最高峰  |  トップページ  |  次の記事 非常に希少価値の高い銘酒  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5848

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。