Top >  日本酒の種類 >  非常に希少価値の高い銘酒

非常に希少価値の高い銘酒

地酒ファンのみならず、たくさんの人々から圧倒的な称賛を浴びている「日本酒十四代」というお酒は、非常に希少価値の高い銘酒です。
芳醇な吟醸香を漂わせ、純米山田錦ならではの米の旨みがあると絶賛されていて、価格も他の日本酒と比較すると少し高いのですが、人気が衰えない逸品です。
製造されている量をはるかに上回るほどの人気がありますから、抽選でしか販売することができない専門店もあるということです。
17年前に発売されてから現在に至るまで「味」「香り」「芳醇さ」「風味」どれをとっても全く変わっていないことが、これほどまでに「日本酒十四代」が支持される理由だと思われます。
もちろん居酒屋さんなどでも人気が高いようですが、常連さんにならないと予約してくれないという話もあります。
インターネットなどを利用して、なんとか入手したい日本酒ですよね。

 <  前の記事 久保田の碧寿と翠寿  |  トップページ  |  次の記事 「日本のコニャック」  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5849

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。