Top >  日本酒の種類 >  「日本のコニャック」

「日本のコニャック」

「十四代 純米吟醸 龍の落とし子」という日本酒は開封した途端に、豊な吟醸香が香り立ち、華麗な存在感をアピールしてくれます。
口に含むと、とても濃厚で、ちょっと間違えてしまうとマイナスにもつながってしまうような「苦味」や「渋味」までも見事に調和されています。
蒸留後にシェリーの古樽で熟成されている「鬼兜 十四代蘭引酒」は、樽からの風味が加わった華麗なる味わいを誇っていて、「日本のコニャック」とも呼ばれるほどの本格的な米焼酎です。
ちなみに、蘭引というのは、酒を蒸留することや伝統的なタイプの蒸留機のことを意味していて、ヨーロッパで使われている「アランビック」という蒸留機が由来になっているそうです。
とにかく、かなりの人気を誇っている商品ですから、なかなか入手することは困難であるようですが、たまにオークションに出品されていたり、ネットショッピングなどでも販売されていたりしますから、しっかり情報を収集することが大切ですよ。

 <  前の記事 非常に希少価値の高い銘酒  |  トップページ  |  次の記事 北海道の銘酒の価格  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5850

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。