Top >  日本酒関連 >  家庭で「酒風呂」をする時

家庭で「酒風呂」をする時

日本酒には、「オリザブラン」という保湿性に優れた成分が含まれていますから、美白や美肌に効果があるようです。
そこでお勧めしたいのが「酒風呂」です。
家庭で「酒風呂」をする時には、日本酒の分量はお好みで構わないようです。
コップ1杯でも良いですし、一升まるごと入れても大丈夫です。
日本酒の値段も関係ありません。
安いものでも効果はバッチリです。
37℃程度のお湯に日本酒を投入して、かき混ぜるだけで準備完了です。
肌が敏感な人なら、アルコールの刺激が心配になるかも知れませんが、お湯そのものは弱酸性になりますから、肌にも優しいですよ。
滑らかで柔らかいお湯になるのですが、入浴後はポカポカとして、温浴効果がかなり持続されます。
しかも、さらっとしていてべたつくような感じは、一切ありません。
なお、リラックス効果もプラスしたい場合は、香りの良い吟醸酒や、純米酒を一升入れることをお勧めします。

 <  前の記事 「酒風呂」の効能  |  トップページ  |  次の記事 八海山のケーキ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5872

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。