Top >  日本酒関連 >  日本酒には制ガン効果があります

日本酒には制ガン効果があります

コレステロールというものは「善玉」と「悪玉」の2種類に分けられると言われていますが、日本酒にたくさん含まれているのは「善玉コレステロール」なのだそうです。
善玉コレステロールは、各種組織や血管に滞ってしまったコレステロールを肝臓に逆輸送して代謝処理してくれる働きがあります。
そして、適量の日本酒を飲むことによって、効果的に善玉コレステロールを増加させることができるのです。
たとえコレステロールの総量が高かったとしても、悪玉よりも善玉の数が上回っていれば、動脈硬化も起こりにくくなるそうです。
また、疫学的な研究成果からも「ガンの発生リスクを日本酒が軽減させる」ということが証明されています。
さらに、ヒトのガン細胞に日本酒の濃縮液を添加する実験によると、ガン細胞の増殖が著しく抑制されたという結果が出ています。
100種類を超える微量成分が日本酒に含まれていて、その中の数種類の成分がガン細胞の増殖を抑える効果をもたらすと考えられています。

 <  前の記事 日本酒の輸入量が増えたアメリカ  |  トップページ  |  次の記事 日本酒と肥満との因果関係  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5881

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。