Top >  日本酒関連 >  日本酒と肥満との因果関係

日本酒と肥満との因果関係

日本酒には、たくさんの善玉コレステロールが含まれていると言われています。
ですから、日本酒と肥満との因果関係は全く考えられないようですね。
日本酒を飲んだから太るというのは全くの勘違いであって、飲酒をする時に一緒に食べるもののカロリーが大きく影響しているのです。
また、日本酒の糖分やカロリーが、糖尿病をもたらしているという考え方があるようですが、これも間違っているようです。
日本酒だけに限らず、アルコールそのものが高カロリーで、1gで7キロカロリーもあるのです。
したがって日本酒だけが糖尿病に悪いのではなく、どんなお酒でもいけないのです。
他にも、日本酒を飲んだ場合には、他のアルコールよりも長時間にわたって、体温が2度ほど高い状態が続くと言われています。
皮膚の表面の血行が良くなるわけですから、つやのある肌で輝きも出てくるのです。

 <  前の記事 日本酒には制ガン効果があります  |  トップページ  |  次の記事 春色の日本酒カクテル  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5882

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。