Top >  日本酒関連 >  米を原料にしたシャンパン

米を原料にしたシャンパン

さまざまな種類がある日本酒の中には、発砲日本酒というものがあります。
発泡性がある日本酒で、ビールやサイダーのような炭酸タイプの日本酒のことを「発砲日本酒」と言います。
甘くて柔らかい風味をしていて、米を原料にしたシャンパンと言ってもいいような味わいを堪能することができます。
この発砲日本酒も大きく分けると、2つのタイプに分類できるようです。
1つは、発酵の工程を早めに中断して瓶詰めし、残っている糖分を瓶の中で再発酵させることによって、炭酸ガスを生成させるタイプです。
もう1つは、醸造されて出来上がった日本酒に、後から炭酸を混入させるタイプになります。
2つのタイプを比較してみると・・・瓶の中で発酵させたタイプの方が、炭酸が細やかで柔らかい感じがするそうです。
醸造後に炭酸を吹き込んだタイプでは、刺激のあるのど越しを味わえるようです。

 <  前の記事 イワシ料理が健康に良い理由  |  トップページ  |  次の記事 日本酒の新しい一面  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5887

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。