Top >  日本酒関連 >  日本酒の新しい一面

日本酒の新しい一面

発砲日本酒というものは、アルコール度数に関しても、おおよそ5~7度程度のものがほとんどですから、非常に飲みやすく仕上がっています。
また、炭酸が効いているおかげで、キレのある爽快感を味わえますし、後味もスッキリとしています。
さらに、少し甘口に作られているものが多いようですから、女性や日本酒が苦手な人にとって最適と言えるでしょう。
1998年の秋に、(株)一ノ蔵というところが、初めて発砲日本酒を発売したのですが、現在では広く認められているようです。
それでも日本酒好きな方からすると、ちょっと邪道のように思われているのかも知れませんが、新たな魅力を引き出した日本酒の1つとして、どんどんといろいろな人々に試してもらいたいと思います。
一度も味わったことが無いという人には是非とも、お勧めしたい日本酒です。
日本酒の新しい一面を覗いてみてはいかがでしょうか。

 <  前の記事 米を原料にしたシャンパン  |  トップページ  |  次の記事 家に居ながらにして日本国中の地酒が購入できます  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/5888

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。