Top >  日本酒関連読本 >  ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒―よっぱライター江口まゆみの全国銘醸紀行 (ダイムブックス)

ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒―よっぱライター江口まゆみの全国銘醸紀行 (ダイムブックス)

ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒―よっぱライター江口まゆみの全国銘醸紀行 (ダイムブックス)
江口 まゆみ
ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒―よっぱライター江口まゆみの全国銘醸紀行 (ダイムブックス)
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 296137位
おすすめ度:
発売日: 2002-03
発売元: 小学館
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒―よっぱライター江口まゆみの全国銘醸紀行 (ダイムブックス)の詳細を見る

ウチの父が昔よく読んでいた「江口 まゆみ」。当時は、こんなの何が面白いんだろうと思っていた。なかでも父が特に気に入っていたのが「ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒―よっぱライター江口まゆみの全国銘醸紀行 (ダイムブックス)」というやつだったと記憶している。

今日、僕も試しに「ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒―よっぱライター江口まゆみの全国銘醸紀行 (ダイムブックス)」を読んでみた。すると、父があれだけ「ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒―よっぱライター江口まゆみの全国銘醸紀行 (ダイムブックス)」に夢中だったワケが少しだけわかったような気がする。

ここんとこ風が強い日が続いている。
来週末、寝台列車にでも乗って1人で小旅行に出かけようか。

僕はクローゼットの中のボストンバッグを引っ張り出した。

下戸が読む⇒飲む⇒ハマる、セレブな日本酒ガイド
日本酒はダサい、マズい、悪酔いする・・・そんな先入観を吹き飛ばしてくれる、文句なしに世界一の日本酒ガイド兼短編集。この本を読むと「日本酒ってイケてそう」「あ、このお酒面白そう」となり、買って飲むとかなり美味しくて「他のも買ってみよう」となる。ワインみたいなお酒、スイーツにフィットするお酒、低アルコールの微発泡デザート日本酒・・・こんなに楽しくて奥が深い飲み物だとは思わなかった。
ビール一杯で翌朝寝坊する私にも純米酒は美味しいし、賢く飲めば二日酔いもなんとか防げる。下戸なら量も回数も少ないから、高くて美味しい酒も平気で買える。考えてみると、下戸って超おトクじゃないか!
ワインブーム、焼酎ブームの陰にすっかり隠れた存在の日本酒業界は危機的状況らしい。だけど、売上の大半が人気ソムリエの広告料に消えるようなコンビニワインとか、定価の10倍で取引されるバブル焼酎を買うより、今こそ味も値段も必死で努力している日本酒を飲む絶好機では?
この本を読んでからすっかり日本酒にハマってしまい、家には100本あるけど、買った直後に倍に値上がりしたり、在庫のなくなったヴィンテージ日本酒なんかもなぜか結構含まれている。
著者の方(写真を見ると相当カワイイ)にはぜひ続編を望みます。

ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒―よっぱライター江口まゆみの全国銘醸紀行 (ダイムブックス)の詳細を見る

 <  前の記事 料理長がこっそり教える酒の肴―日本酒、ビールに合う肴・ワインに合う肴  |  トップページ  |  次の記事 ぶらり地酒紀行―関東の酒蔵御案内  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3788

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆ 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。