Top >  日本酒関連読本 >  純米酒を極める (光文社新書)

純米酒を極める (光文社新書)

純米酒を極める (光文社新書)
上原 浩
純米酒を極める (光文社新書)
定価: ¥ 788
販売価格: ¥ 788
人気ランキング: 32812位
おすすめ度:
発売日: 2002-12-17
発売元: 光文社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
純米酒を極める (光文社新書)の詳細を見る

ふぁ~。風呂から出て、寝るまでの間に本を読むのが私のささやかな楽しみです。最近読んでるのは「純米酒を極める (光文社新書)」。

最初はとっつきにくいかな~~と思ってたけど、文体が結構好きな感じで結構読みやすいです。

上原 浩の本は純米酒を極める (光文社新書)意外にも色々あるけど、私は純米酒を極める (光文社新書)が一番好きかな^^!

あと、最近は漬け物にもハマってます。子供の頃はしば漬けが好きで、しば漬けばっかり2ヶ月くらい食べ続けて入院してからは一切食べなくなったけど、最近また食べてみたら、再び漬け物中毒になりました。

さて、今日はもう寝ます。

ぼくは絶対純米酒派です

 日本酒には一つの神学論争がある。すなわち、アルコール添加は是か非か。その中でも非を代表する著作が本書ということになる。少し古い本なのだけれど、どうしてもこの神学論争が気になっていたので、読むことにした。
 本書が主張するのは、「日本酒とは純米酒である」ということだ。アル添を完全に否定するわけではないが、結局のところそれはごまかしの技術でしかないということだ。というのも、アル添した酒の多くが、アルコール臭が強く、燗すると味が極端に落ちる。にもかかわらず、アル添してきたのは、第一に戦後、米不足の時代にアルコール添加によって醸造量を確保し、増やしてきた時代があったこと。第二に、アル添や活性炭による不純物除去できれいな味の整った酒をつくってきたということがある。第三に、純米酒では日本酒度などの調整がむずかしいということがある。しかし、現在は米は不足していないし、個性豊かな酒が登場するようになってきて、アル添の必要はないということだ。しかも、問われているのはアル添しなくてもしっかりした味のある酒を造る技術だということになる。
 よく言われる、本醸造の柱焼酎に対しても、そもそもは江戸期においてお酒の防腐剤として入れられていたものであり、現在は必要ない技術だとしている。
 また、アル添批判に関連して、あまりにも権威を持ちすぎた全国新酒鑑評会への批判も手厳しい。というのも、新酒の時点ではまだお酒が真価を発揮するわけではなく、秋上がりが必要なこと、鑑評会では上立香などにポイントが置かれ、その結果アル添などに頼ることになるというわけだ。
 その上で、自らのお酒の楽しみ方として、水割りしてアルコール度数を13度程度にした上でぬる燗にする飲み方を紹介している。純米酒であれば、水割りにも燗にも耐えられるということだ。とりわけ純米吟醸はすばらしいとも。
 一方で、生?や山廃に対しては、しっかりとした造りの酒ができる一方、難しい技術なので、十分な技術がないのであれば速醸?の方がいいとも指摘している。
 鑑評会への批判など、その通りと思う点は少なくない。何より、酒造りについてきちんとした解説がなされているのはうれしいし、口絵の酒造の写真もすばらしい。紹介しているお酒も、ぼくが知る限りはどれも美味しいものだ。その一方で、余計なお世話という面も否定できない。結局のところ、消費者が好きなものを選べばいいと思うし、利き酒なんかどうでもいいとも思う。割り水や燗についても同じ気持ちだ(まあ、実際のところ、割り水燗はそれなりにおもしろい発見ではあるのだけれども、それはさておき)。
 ぼくは個人的に純米吟醸派なので、アル添に対しては否定的な気持ちはある。上原の言うように、アルコール臭が立つお酒は好きじゃないし、純米酒だけが日本酒であってもいっこうにかまわない。にもかかわらず、この議論がやっかいなのは、嗜好品だというところにある。やはり、価格を押えた本醸造クラスのいいお酒という需要は捨てきれないだろう。もっとも、あえてぼくが純米派でいる最大の理由は、単なる吟醸よりも純米吟醸の方がおいしいという経験則と、それに裏打ちされた確率ということになる。何の情報もなければ、純米吟醸を選ぶ。これはもはやブランドの問題なのだろう。神学論争はそう簡単には決着しない。個人的には、純米酒を極めたいですけどね。

驚いた。
著書を読んでいて驚いたことが2つある。
一つ目は106ペ?ジのアルファ化にも驚いたのだが某大手酒蔵が開発した「液化仕込み」(詳しいことは著書を始めから読んで)というところ、酒蒸し米を使っていないしこれで造ったものを日本酒と呼べるのだろうか?なぜ国は紛い物を造っている某大手酒蔵を野放しにしているのか?税金をがっぽりと取れるからか?何時だったか第3のビ?ルの税率を上げるときとある大臣が「日本の酒文化を守る為(間違っていたらご免)どうのこうの」言っていたと思うが、酒文化を守るのであれば、紛い物を堂々と日本酒として売っている大手酒蔵を如何にかしろよ。
このままだと日本酒、日本の酒文化が滅びてしまう。

二つ目は174ぺ?ジから176ペ?ジにも驚いた。
とある酒造蔵の社長は「純米吟醸酒の良さを理解して尚且つアル添でもいい吟醸酒が造れる」と主張をしているのにある著者(ここでは誰だか載っていない)はその酒蔵の社長の言葉を大げさに受け取り純米吟醸酒を貶める内容を書いてあるそうだ。
上原氏だけでなく日本酒に詳しい人なら怒りを通り越して呆れてものが言えないだろう。
しかし(犯人探しはいけないのだが)この著書に載っている記事を書いた人間は誰なのだろうか?
間違ったことを書いて日本酒を勉強しようとしている人たちにどの面さげて記事や本を書いているのか。






熱い日本酒
各論に入る前の前半はぐいぐいと引きつける魅力がある
今まで科学的、かつ感情的にこれだけ日本酒に愛を注ぎ他者に伝えた文があるだろうか?
新潟の冷酒に満足していた自分が情けない。
著者の言う本当の居酒屋に行ってみたい気がしてくる。
一方でそのような店が経済的に行き詰まってくる現実もかいま見える。国の文化にとって酒は、言葉と同じくらい大事なものであろう。
私たちがこの日本酒をどのように愛でるかが試されている。
前半は日本酒愛好家必読であり、従来の香りを重視する考えをあらためさせられるであろう。
本当の日本酒を出してくれる店に通いたいと久々に思わせる一冊。

純米酒を極める (光文社新書)の詳細を見る

 <  前の記事 日本酒案内―こんなときにはこの1本  |  トップページ  |  次の記事 杜氏という仕事 (新潮選書)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3799

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本酒大好き☆ 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。